バーチャルなおはなし

主な内容 ;グルメのこと、玄箱/Linkstationで自宅サーバの設定、自己流の時系列分析、土木関係の設計例 など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SsfPackプログラミングの肝

○関数

 バージョン3とベーシックの違いに注意する必要があります。

(例1)

  SsfLikEx → SsfLik

  SsfLikScoEx → SsfLikSco

  SsfMomentEstEx → SsfMomentEst

 (例2)

  minf = KalmanInit(mY, mphi, momega, msigma);
  mKF = KalmanFilEx(minf, mY, mphi, momega, msigma);

   ⇒ mKF = KalmanFil(mY, mphi, momega, msigma);

○簡易グラフ

 プログラムを実施すると画面に簡易グラフが表示されます。
簡易なので、2画面同時の表示、自動スケール化や描画に失敗するかもしれません。プログラムの修正は、本格グラフで行う必要があると思います。

 GnuDrawを使いますので、ヘッダを変更します。

  #include <oxdraw.h> → #include <packages/gnudraw/gnudraw.h>

  ※コメントアウトは、// で行います。

  ShowDrawWindow(); を適切な行に追加します。

  ※SaveDrawWindow(); は使いません。

○本格グラフ

 プログラムを実施した後に生成された本格グラフを見ます。

 oxdraw.hを使い、グラフを保存します。それをGimpなどで見ます。

○描画のポイント

 計算処理が有効な時点から描画する必要があります。そうしないと、非常に遠くから見た特徴がつかめないグラフになります。

 (例)
  DrawTMatrix(0, mks[13][], {"level estimation error variance"},1969, 1, 12, 0, 2);
    ⇒
  decl dummy1=12; decl dummy2=1;
DrawTMatrix(0, mks[13][dummy1:], {"level estimation error variance"},1969+dummy2, 1, 12, 0, 2);
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyo36jeff.blog103.fc2.com/tb.php/19-f3106a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。